その他

2016.11.8

☆ブルーレイディスク

こんにちは!

11月に入り本格的に寒くなってきましたね。起きるのが、本当に辛い!
もうダウンコートを着だした私‥‥(+_+)

さて今日はブルーレイについて話したいと思います。

%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%af

ブルーレイとDVDの違い、分かりますか?
ブルーレイの方が画質がきれいなんでしょ?!
その通りです!
DVDは約35万画素、ブルーレイは207万画素。ブルーレイの方が圧倒的に高画質です。
容量もブルーレイの方が大きいので、映像や音声のデータを多く記録できます。片面1層で25GB、DVD約5枚分のデータが入ります。
片面2層なら50GB、DVD約10枚分も!50GBあればハイビジョンなら約4時間録画できます。
大画面だとハイビジョン画質は本当にキレイですよね。でも小さい画面だと、DVDもブルーレイもよく分からないかも‥(;^ω^)

ただ、ブルーレイは傷に弱いです。少しの傷でも読み込みができない場合もあります。不織布ケースの細かい傷でもダメになってしまう場合があります。その点DVDは多少の傷は問題ないです。寿命はどちらも10年~20年とほぼ同じくらいです。

そしてお値段ですが、DVDの方が安いです。ブルーレイはディスクも高いですが、対応機器も高いです”(-“”-)”
ただ、最近はブルーレイディスクもだいぶ安くなってきましたが!

DVDは安くて丈夫で互換性にも優れ優秀ですね!ただ容量は小さいですが‥。

ところでなぜブルーレイという名前か分かりますか?
それは再生や記録に使われているのが青色のレーザーだからです。