画面の乱れ「ブロックノイズ」とは

はじめに

テレビを見ていると突然映りが悪くなり、画面が乱れることはありませんか?
楽しみしていた番組の録画を再生してみると、綺麗に撮れていない・・・といったことが起こらないように、原因と対策をご紹介します。

画面の乱れ「ブロックノイズ」

横線が出ている、モザイク状になっているなど、画面が乱れて綺麗に映らない状態を「ブロックノイズ」と言います。ブロックノイズが起こっていると、音声も途切れがちになり、画面が一瞬止まってしまうのです。
アナログ時代では、こういった症状が出た場合はテレビを叩いて直すという迷信もありました。しかし、デジタル機器はデリケートなものなので、きちんと原因を理解してから対処する必要があります。

発生理由は「受信の強さ」

デジタル放送はアナログ放送と違って高画質な映像を見ることができますが、その分電波がきちんと受信されないと、ブロックノイズが発生しやすくなります。そのため、電波が受信されているかどうか、調べておくと良いでしょう。
テレビにもともとついている受信レベル測定機能によって電波の強さがわかります。この数値が低いときは、ブロックノイズが出る、あるいはテレビが映りません。

ブロックノイズが発生した時の原因と対策

受信レベルが低い時の原因は3つ考えられます。

1つは、アンテナの向きが悪く、うまく受信できていない可能性があります。この場合は、アンテナの位置や方向を変えることで電波を捕えやすくなり、改善するでしょう。

もう1つは接触不良です。
新しいテレビやブルーレイデコーダーを接続した、部屋の模様替えをした、といった際にケーブルがきちんと接続されていない状態になってしまう可能性があります。
アンテナ線の端子が古いタイプの差し込み式(F型コネクタ)の場合に起こりやすい状況であるため、ねじ式(接栓タイプ)のものに交換することで防止できます。

接続をすべて確認してみてもうまく映らないときは、アンテナケーブルの伝送量不足や断線も考えられます。
アンテナのケーブㇽには3Cや5Cなどの表記があります。これは線の太さのことです。線を太いものに交換することにより改善し、防止することもできます。

このほかにも、受信レベル以外の原因として考えられることは、電波干渉です。
ご自宅で無線ルーターなどを使われている方は、無線の電波が影響している可能性もあるため、ルーターの場所を変更することで改善できます。

まとめ~より良いテレビ環境を~

テレビの画質は4K、8Kというように高画質へと進化しています。
しかし、その分デリケートな部分もあります。
対処をしっかりすることで、より素晴らしい画質で快適な視聴ライフをおくることができますので、ぜひご参考ください。

ダビング・コピー豆知識 一覧に戻る

運営会社:ダビングコピー革命

shop

〒111-0041
東京都台東区元浅草1-19-2-2F
ダビングコピー革命
0120-980-192

ダビングコピー革命公式サイトへ