コピーとプレスの違い

はじめに

以前は、映像や音楽を楽しむ際にテープレコーダー等を用いていましたが、近年ではDVDやCDなどのディスク形式が主流となっています。
映画やドラマ、音楽の販売もDVDやCDがほとんどで、記録した映像の保存や、データのやりとりでもディスクは多用されています。様々な用途で用いられているDVDやCDですが、データの書き込み方法にも様々な手法があります。その方法によって、費用や耐久性、再生の精度は大きく変わってきます。
そこで今回は、2種類の書き込み方法についてお伝えします。

コピーとプレスの違い

DVDやCDに書き込む方法には、「コピー」と「プレス」の2種類があります。
DVD-RやDVD-ROMという言葉を、一度は見たり聞いたりしたことがあるのではないでしょうか。簡単に言うと、DVD-RやCD-R、DVD-RW/RAMは「コピー」を用いたディスクであり、DVD-ROM、CD-ROMは「プレス」を用いた際のディスクです。
そこで、この2つの方法についてご説明します。

コピーを利用した方法

コピーは、データのやりとりや少数のディスク製作の際に利用され、一般的によく用いられる方法です。DVD-RやDVD-RW/RAM(書き込みが可能なディスク)にPCなどを用いて書き込むような工程で製作されます。

プレスを使った方法

金型を用いて「既にデータが入ったディスク」を製作する方法です。書き込みができないものであり、出来上がったディスクはDVD-ROMやCD-ROMと呼ばれています。
基本的には、業者に依頼して製作することが多いです。一般的に販売されている映画のDVDや音楽CDは、「プレス」によって製作されています。精度の高いディスクを大量に製作したい場合にプレスが利用されています。

コピーとプレス、それぞれのメリット・デメリッ

コピーを用いた方法

メリット

・自宅などで、簡易的に書き込むことができる。
・少数生産の場合、プレスと比較して1枚当たりの費用が安い。
・納期が早い(数百枚の書き込みでも3日程度で可能)。
・DVD-RW/RAMを用いた場合、複数回書き込むことができ、何度も利用できる。

デメリット

・昔のDVDプレイヤーやドライバーはDVD-RやCD-Rに対応していないものもあり、プレーヤーによっては再生できない可能性がある。
・コピー後にエラーが発生する場合がある。基本的に書き込む際にエラーは自然に処理されるが、「プレイヤーによっては読み込めない」等のエラーや、書き込み後にエラーに変わる場合がある。
・時間が経つと、データが読み込めなくなる可能性がある。特に長時間、太陽光に当てたり、湿度や温度の変化が激しい場所に置くと劣化が早くなる。

プレスを用いた方法

メリット

・データがディスク自体に刻まれているため、ディスクの破損や大きな傷が付かない限りは再生可能。
・ほとんど全てのプレイヤーやドライブが対応しており、どの機器でも再生することができる。
・オフセット印刷やシルク印刷という手法でデータが書き込まれているため、コピーに比べて劣化しにくい。

デメリット

・コピーに比べて、納期が長くなる。期間は企業によるが、コピーに比べて納期が10倍近くかかってしまうこともある。 ・生産するにあたって最低枚数が決められている場合があり、少数のディスクを作製したい場合に割高になる。
・書き込んだデータを変更することができない。

コピーとプレスの選び方

以上のように、コピー・プレスを利用した方法には、メリット・デメリットが存在しています。
例えば、自身が撮影した動画や録画した番組などを数人に共有したい場合、長期間の保存や精度を要求しない程度であれば、費用の観点から見てもコピーを利用した方が良いでしょう。しかしながら、長期間の保存やなるべくエラーを起こしたくない場合は、多少の費用がかかりますが、プレスを利用した方が、コピーを利用するよりも精度が高いものになります。
また、DVDやCDを不特定多数に販売する場合、書き込みの精度が高く、大量生産に向いているプレスを利用する方が良いでしょう。実際に、現在販売されているDVDやCDはほとんどがプレスを利用したものになっています。そのため、「だれに渡すか」「何人に渡すか」「どの程度の精度が必要か」「予算」、これらのことを含めて、より適切な方法でディスクにデータを書き込むことが必要となるでしょう。

まとめ

近年では、音楽を聴いたり映画鑑賞をする際、DVDやCDなどを利用する機会が非常に多くなっています。
その中身はデータであるため、データの共有・ダビングは、プライベートや仕事でも幅広く行われています。そしてデータを書き込むうえで、データを書き込む方法である「コピー」と「プレス」のどちらを選定するか、自身の状況やニーズに応じて決定する必要があります。
各工程や仕上がりのメリット・デメリットを理解したうえでディスク書き込みを行うことで、より良いDVDやCDの利用に繋がるでしょう。

ダビング・コピー豆知識 一覧に戻る

運営会社:ダビングコピー革命

shop

〒111-0041
東京都台東区元浅草1-19-2-2F
ダビングコピー革命
0120-980-192

ダビングコピー革命公式サイトへ