子供の成長記録の残し方

はじめに

待望の子供が生まれて大喜びしたと思えば、あっという間に成長していきます。「小さいころの写真がない」なんてことになる前に、お子さんの成長記録をつけてみてはいかがでしょう。特に、小学校に通い始める前の子供の成長速度は、目を見張るものがあります。後で振り返ることができるように、成長記録のつけ方とコツをいくつかお伝えします。

成長記録の方法

体の成長を記録する

子供の頃、自宅の柱に背の高さを記録していた方も多いのではないでしょうか。
1年ごとに印をつけることで、去年よりどれだけ大きくなったのかが目に見えてわかります。しかし、賃貸物件にお住いの方は、この方法ではお子さんが大人になった時に振り返ることができません。
そこで、代わりに手形や足形を保存することをおすすめします。
赤ちゃんの頃に記念に作ってそのまま保存するのも良いですが、期間を決めて続けていけば、それ自体が成長記録になります。0歳の時、1歳の時、2歳の時・・・成長とともに手形や足形の大きさも変わっていきます。粘土を焼き固めたりする本格的なものでなくても、手に絵の具を付けてノートに手形を残すだけで良いのです。次の年は別ページにしてみたり、同じページに色を変えて重ねて押すのも良いでしょう。
また、お父さんの足とお子さんの足を並べて写真を撮ったり、大きめのぬいぐるみなどと一緒に撮って成長の過程を残したりと、様々な形があります。

子供の「好き」を記録する

お子さんが大好きなおもちゃやお気に入りの絵本、洋服など、「大事にとっておきたくても壊れてしまった」、「スペースの都合で手放さなくてはいけなかった」ものがあるという経験をお持ちの方もいるでしょう。実際に、長い間手元に残しておくのは難しいものです。
しかし、写真を撮っておくことで、思い出としていつでも見ることができます。同じように、お子さんが描いた絵や作った作品なども保存しておくことができます。

日常の思い出を記録する

家族旅行やイベントなどでカメラを回すのが一般的です。しかし、その時しかない場面は日常の中にも多くあります。
例えば「食事の時、テーブルの上に幼児用のお茶碗が一緒に並んでいる」といったように、小さな影と大きな影が同じ空間に並ぶのは、思っているより短い時間です。気が付かないうちに代わっていても、それが当たり前になってしまいます。
些細なことであっても、日常を写真に残しておくことは、立派な成長記録の1つです。

記録を残し続ける5つのコツ

綺麗に撮ろうとしない

記録を綺麗に残そうとすると、写真が上手く取れなかったり、思い通りにいかないと、記録を残すこと自体が嫌になってしまうかもしれません。どんな失敗に見える写真でも、後になれば立派な思い出です。気にせずどんどん記録していきましょう。

ルールを決めて記録しようとしない

毎月同じ日に記録をつけようと決めたのに用事が入ってしまってできなかったり、前回撮影した日から時間があいてしまうと、「これでは記録の意味がない」と思ってしまう方がいます。成長記録にルールはありませんので、自由につけていきましょう。

自分も楽しむ

親子で楽しむことができなければ、子供の表情も硬くなってしまいます。まずは自分が楽しむことで、お子さんの自然な表情を引き出すことができます。お子さんと過ごす時間を楽しむことで記録も楽しくなるはずです。

家族も一緒に撮影する

子供の記録というと、お子さんにだけ焦点を合わせる方が多いですが、ご家族の方が一緒に入っているほうが記録としてより良いものになります。
当たり前のことですが、年を重ねていくのは子供だけではありません。お子さんが成長してから思い出として振り返る時、きっと喜ばれるはずです。

顔ばかりが記録ではありません

どうしても笑顔や寝顔ばかり追いかけてしまいますが、お子さん自身だけでなく風景と一緒に撮ることで成長記録にストーリーが生まれます。
お気に入りの物がたくさん置いてある部屋や、頑張って絵を描いている後ろ姿の写真など、顔が映っていなくても思い出になるのではないでしょうか。

まとめ~成長記録を保存する~

思い出の品というものは、どうしても時とともに劣化、破損してしまいます。自分が子供の頃のものがほとんど残っていないという方も少なくないでしょう。
写真や動画などデジタルなものにダビングしておけば、劣化することなく、保存しておくこともできます。
お子さんが大きくなるにつれ、一緒にいた時間とともに記録の量も増えていきます。毎回アルバムを押入れの中から出すのは大変ですが、DVDであれば持ち運びや保管も簡単になり、気軽に見ることができるようになります。コピーするのも簡単なので、ご家族全員分作ることもできます。
お子さんは子供の頃の思い出を、ご両親は子育ての思い出を、成長記録としてずっと残してみてはいかがでしょう。

ダビング・コピー豆知識 一覧に戻る

運営会社:ダビングコピー革命

shop

〒111-0041
東京都台東区元浅草1-19-2-2F
ダビングコピー革命
0120-980-192

ダビングコピー革命公式サイトへ