VHSのダビングの方法を一挙公開

「VHSを今見れる状態にしたい」

その場合は、VHSをダビングすればOKです。

まず決めなくてはいけないことがあります。

  • ・自分でダビングをする
  • ・業者にダビングを依頼する

機材があれば自分でダビングすることも可能です。難易度は高くありませんのでチャレンジして見てください。面倒であれば業者に任せることも一つの方法です。DVDにしたいのか。データにしたいのか。費用はどのくらいかかるのか。等わかりやすくまとめましたので参考にしてください。

  • ・最初に、ダビングを業者に頼むために役に立つ記事
  • ・次に、ご自身でダビングをする場合に役に立つ記事

を順番にまとめていますのでご参考にしてみてください。

最後に、「何に変換したいか」でも記事をまとめていますの参考にしてください。

VHSのダビングを業者に頼む

  • (当ブログ)国内最大級ダビング通販のダビングコピー革命に依頼

    国内最大級のダビングサービスのダビングコピー革命に依頼すれば間違いなしです。
    概要 ダビングコピー革命にすべてお任せなので、注文して送るだけです。
    変換物 DVD、データ(mp4,avi,mov等)
    品質

    機材の質、技術などが高いです。
    手軽さ

    送るだけなので手間は少ないです。
    時間

    納期は、30日、特急プランは5日。
    費用

    1本499円〜 本数が多ければ高額になります。
    その他
    ダビングコピー革命が日本コンシューマーリサーチの調査3部門でNo.1に選ばれました。
    詳細はこちらから
  • ダビングサービスをしている業者を比較してみました

    知名度のあるダビング業者をまとめさせて頂きました。
    この記事を見れば、どの業者に出すか一目瞭然!
    概要 ダビングを業者に外注
    変換物 DVD、データ(mp4,avi,mov等)
    品質

    機材の質、技術などが高いです。
    手軽さ

    送るだけなので手間は少ないです。
    時間

    各社納期があるので確認する必要があります。
    費用

    1本383円〜 各業者によって違いますが本数が多ければ高額になります。
    詳細はこちらから
  • ダビング通販 VS ヤマダ電機等実店舗

    本記事は参考ですが、ダビング通販とヤマダ電機等の実店舗の比較を記事にしています。
    詳細はこちらから

VHSを自分でダビングする

VHS・DVD一体型デッキでダビング

  • パソコンも特別なソフトウェアも必要がなく、VHSのDVDダビングが一番手間なくダビングする方法を記事にしています。単純にDVDにしたいのであればこのVHS・DVD一体型のデッキを中古で購入してダビングする方法をお勧めします。
    概要 パソコン不要。VHS・DVD一体型デッキで簡単ダビング
    変換物 DVD
    必要なもの VHS・DVD一体型デッキ、RCAケーブル(赤白黄)、DVDメディア
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    自分でダビングするやり方では最も手軽です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    VHS・DVD一体型デッキ 約20,000円 + DVDメディア(50円/枚)= 20,500円 + 税
    詳細はこちらから

サンワサプライビデオキャプチャー(400-MEDI029)でVHSダビング

  • パソコン必要なし、モニター必要なしの超簡単VHSダビングキャプチャー。サンワサプライのビデオキャプチャーは、VHSをmp4に変換する商品になります。当商品は、DVD作成、編集ソフトは付属しておりません。VHSのキャプチャーデータを直接SDカードやUSBメモリに保存します。手軽さで言ったら間違いない商品です。サンワサプライビデオキャプチャー(400-MEDI029)でVHSのダビングするやり方を記事にしていますのでご参考にしてください。
    概要 パソコン不要。モニター不要。当ビデオキャプチャーとビデオデッキがあればダビングできます。
    変換物 mp4データ
    必要なもの サンワサプライビデオキャプチャー(400-MEDI029)、ビデオデッキ
    RCAケーブルは付属しています。
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    自分でダビングするやり方では、簡単な方です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    サンワサプライビデオキャプチャー 約12,800円 + VHSビデオデッキ 約10,000円 = 22,800円 + 税
    詳細はこちらから

I・OデータアナレコでVHSダビング

  • パソコンなしで、mp4にすることができます。上記のサンワサプライと違う点は、モニターが必要であることです。本製品にはモニターがついてません。DVDは作成できませんが手軽にSDカードや外付けのHDDにmp4を保存することができます。
    概要 パソコン不要でmp4にすることができます。
    変換物 mp4データ、mp3データ
    必要なもの I・Oデータアナレコ、モニター、ビデオデッキ、RCAケーブル
    HDMIケーブルは付属しています。
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    自分でダビングするやり方では、簡単な方です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    サンワサプライビデオキャプチャー 約13,600円 + VHSビデオデッキ 約10,000円 = 23,600円 + 税
    詳細はこちらから

CD/DVD録画・録音かんたん録右ェ門でVHSダビング

  • 「CD/DVD録画・録音かんたん録右ェ門」名前が少々長いですが、パソコンいらずでDVDを作成することができる優れものです。もちろんデータも可能です。多少癖があるので記事をご参照ください。
    概要 パソコンが不要で、mp4のデータ、DVDにすることができます。
    変換物 DVD、Blu-ray、データ(mp4)
    必要なもの CD/DVD録画・録音かんたん録右ェ門、ビデオデッキ、RCAケーブル、DVD
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    自分でダビングするやり方では、簡単な方です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    CD/DVD録画・録音かんたん録右ェ門 約26,383円 + VHSビデオデッキ 約10,000円 + DVDメディア(50円/枚)約500円 = 36,883円 + 税
    詳細はこちらから

デジ造でVHSダビング

  • デジ造は、DVDとデータ両方変換が可能です。特徴は、DVD作成のソフトウェアが非常に強力であるということと、データをmp4に変換することができる(他のキャプチャーはmpegが多い)ことです。I・Oデータのビデオキャプチャーと比較するとメーカーの信頼度はI・Oデータの方がありますがソフトウェアでいうとデジ造が上回ります。生産は中止されていますが、中古が多く出回っています。
    概要 パソコンが必要で、mp4データにもDVDにもできます。
    変換物 DVD、Blu-ray(バージョンアップが必要)、mp4・avi・m2ts・wmv等のデータ
    必要なもの パソコン、デジ造(PCA-DAV4)、ビデオデッキ、RCAケーブル、DVD(DVDの場合)、DVDドライブ(DVDの場合)
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    パソコンが必要なため、パソコンの基本的な知識が必要です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用(DVD作成の場合)

    VHS10本の場合
    デジ造キャプチャー 約1,882円(中古) + VHSビデオデッキ 約10,000円 + DVDメディア(50円/枚)約500円 = 12,382円 + 税
    詳細はこちらから

I・OデータビデオキャプチャーでVHSダビング

  • I・Oデータのビデオキャプチャーは、強力なソフトウェアが付属していて、DVD、データの両方変換可能です。DVDはメニュー画面のデザインを選ぶことができて、チャプターなども詳細に設定可能です。DVD作成をしたい方にはオススメです。本製品は、DVD作成だけではなくて、データ変換もできます。mpegファイルですが、パソコンで編集したい方、管理したい方にもオススメです。
    概要 パソコンが必要で、mpegデータにもDVDにもできます。
    変換物 DVD、mpegデータ
    Blu-rayは、I・Oデータ、GV-USB2/HQの商品で可能です。
    必要なもの パソコン、I・Oビデオキャプチャー、ビデオデッキ、RCAケーブル、DVD(DVDの場合)
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    パソコンが必要なため、パソコンの基本的な知識が必要です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    IOデータビデオキャプチャー 約2,962円 + VHSビデオデッキ 約10,000円 + DVDメディア(50円/枚)約500円 = 13,462円 + 税
    詳細はこちらから

バッファローのビデオキャプチャーでVHSダビング

  • バッファローのビデオキャプチャーは、DVDとデータ両方対応しています。特徴は、ソフトウェアの「VHS to DVD」がとも使いやすいところです。DVDのメニューや編集がとても感覚的で初心者の方にはオススメです。mpegファイルの変換も可能ですので、パソコンで管理、クラウドでの管理も容易です。
    概要 パソコンが必要で、mpegデータにもDVDにもできます。
    変換物 DVD、mpegデータ
    必要なもの パソコン、バッファローのビデオキャプチャー、ビデオデッキ、RCAケーブル、DVD(DVDの場合)
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界があります。
    手軽さ

    パソコンが必要なため、パソコンの基本的な知識が必要です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    IOデータビデオキャプチャー 約3,736円 + VHSビデオデッキ 約10,000円 + DVDメディア(50円/枚)約500円 = 14,236円 + 税
    詳細はこちらから

I・OデータGV-USB2/HQでVHSテープをブルーレイダビング

  • I・OデータGV-USB2/HQでVHSテープをBlu-rayにダビングすることができます。あまりBlu-rayに対応している製品はないので、Blu-rayにしたい方はこの製品をおすすめします。その他、DVD、データ等の変換も可能です。
    概要 パソコンが必要で、mp4、avi等のデータ、DVD、Blu-rayにすることができます。
    変換物 DVD、Blu-ray、データ(mp4、avi、wmv、mpeg等)
    必要なもの パソコン、>I・OデータのGV-USB2/HQ、ビデオデッキ、RCAケーブル、DVDまたはBlu-ray
    品質

    ビデオデッキは、家庭用であるため限界がありますが、Blu-rayは容量が大きいので、ダビングの設定で品質を落とさずダビングをすることが可能です。
    手軽さ

    パソコンが必要なため、パソコンの基本的な知識が必要です。
    時間

    やり方は簡単ですが、本数が多ければ時間はかかります。
    費用

    VHS10本の場合
    IOデータビデオキャプチャー 約4,280円 + VHSビデオデッキ 約10,000円 + DVDメディア(50円/枚)約500円 = 14,780円 + 税
    詳細はこちらから

VHSを何に変換する?

変換する物によってダビングの作業に違いが出ます。自分でダビングする場合も、業者に出す場合もポイントになります。
変換方法は、以下いずれかになると思います。

  • ・動画データファイル
  • ・DVD
  • ・Blu-ray

動画データファイル

mp4ファイルなど動画データファイル。主にパソコンやスマートフォンで見ることができます。

メリット 複製、編集、削除が容易
デメリット デバイス(パソコン、スマホ、タブレット)以外では、再生できない場合が多いです。デバイスであってもファイルによっては再生できない場合が多い。mp4であればほぼ全てのデバイスに対応しています。
種類 代表的な動画ファイル
mp4、mov、mpeg、avi、wmv等
通常は、mp4でほとんどのパソコンで再生できます。
保管 パソコン、外付けのHDD、USB、クラウド等
参考になる記事

●業者に出す場合
業者は、ほぼデータに対応しています。ヤマダ電機など、対応していないお店もありますので必ず確認してください。
・VHSのダビング業者一覧

●ご自身でダビングする場合
・サンワサプライビデオキャプチャー
・I・Oデータ アナレコ
・デジ像
・I・Oデータビデオキャプチャー
・バッファロービデオキャプチャー
・CD/DVD録画・録音かんたん録右ェ門でVHSダビング

DVD

主に自宅や車等のDVDプレイヤーで観ることができます。DVDは、観賞用ですので編集や複製には適していません。

メリット 汎用性が高く、DVDプレイヤーであれば見ることが可能。
なじみがあり簡単。
デメリット 編集、複製が難しいです。(専用のソフト、プレイヤーの機能を使う必要がある)。
パソコンにおいては、windows8以降、ソフトウェアがないと見ることができません。
種類 DVD-Rおすすめ! Rは「Read」、読み込み専用です。編集、削除はできず、最も一般的なDVD形式です。容量は、4.7GBです。
DVD-R DLおすすめ! DLは、DualLayer(デュアルレイヤー) 、2層式で、通常のDVD-Rの2倍の容量です。容量は、8.5GBです。その他の使用は、DVD-Rと同じです。
DVD-RW RWは、Wは「Write」で約1,000回のデータの書き込み、書き換えができます。データの削除も可能です。容量は、4.7GBです。
DVD-RAM 10万回の書き換えが可能です。DVD-RAM対応の機器でのみ再生や録画ができます。容量は、8.5GBです。
※+Rは、-Rに比べると汎用性が低いためオススメしないので割愛します。
保管 物理的に保管する必要があります。
参考になる記事

●業者に出す場合
おそらく全業者がDVDに対応しています。
・VHSのDVDダビング業者一覧

●ご自身でDVDダビングする場合
・VHS、DVD一体型ビデオデッキ
・デジ像
・I・Oデータビデオキャプチャー
・バッファロービデオキャプチャー
・CD/DVD録画・録音かんたん録右ェ門でVHSダビング

Blu-ray

主に自宅や車等のBlu-ray対応のプレイヤーで観ることができます。Blu-rayは、観賞用ですので編集や複製には適していません。また、Blu-rayに対応していないプレイヤーもあるので注意が必要です。

メリット DVDと比較して、容量が25GB〜と大きいため、時間の長いVHSでも十分入る。また、容量が大きいので、最高画質でダビングが可能になります。
デメリット 編集、複製が難しい(専用のソフト、プレイヤーの機能を使う必要がある)。
パソコンにおいては、windows8以降、ソフトウェアがないと見ることができません。
種類 BR-Rおすすめ! Rは「Read」、読み込み専用です。編集、削除はできず、最も一般的な形式です。容量は、25GBです。
BR-R DLおすすめ! DLは、DualLayer(デュアルレイヤー) 、2層式で、通常のBR-Rの2倍の容量です。容量は、50GB
BR-R XL 3層式の大容量ブルーレイディスク。
その他の使用は、BR-Rと同じです。容量は、100GB
BR-RE 約1000回〜の書き換えが可能です。容量は、25GB
BR-RE DL 約1000回〜の書き換えが可能です。2層式のため容量は、50GB
BR-RE XL 約1000回〜の書き換えが可能です。3層式のため容量は、100GB
保管 物理的に保管する必要があります。
参考になる記事

●業者に出す場合
ブルーレイに対応しているかは、お店によって異なるためお問い合わせして確認してください。
・VHSのブルーレイダビング業者一覧

●ご自身でDVDダビングする場合
ブルーレイに対応している製品I・OデータGV-USB2/HQの使い方を記事にしています。
VHSのBlu-ray(ブルーレイ)ダビング。I・OデータGV-USB2/HQの使い方

CONTACTダビングコピーの
お申込み・お問合せ

WEBでのお申込み

右記ボタンよりお申込み・お問合せフォームへ行き、詳細をご記入ください。内容を確認後、担当者よりご連絡いたします。

Web無料見積はこちら
郵送でのお申込み

電話せずに直接配送するだけで OK !到着後、ダビングコピー革命からご連絡いたします。
直接配送だとやりとりにお時間がかかる場合がございます。
WEB でのご注⽂をしてから配送していただくことをおすすめいたします。

発送先
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命0120-980-192
ご来店の方はこちら 
〒111-0041 東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命公式サイトへ