VHS(ビデオテープ)を簡単にmp4に変換するビデオキャプチャーの使い方

ダビングコピー革命

VHS(ビデオテープ)を簡単にmp4に変換するビデオキャプチャーの使い方

2020.12.18 更新
この記事では、VHS(ビデオテープ)をmp4に簡単に変換する方法をご説明します。
 
DVDにするより、mp4等のデータにした方がパソコンやスマホなどで管理がしやすく、後から編集、DVD作成も可能ですのでおすすめです。
 
今回は「簡単にmp4に変換」なので、パソコンを使わないサンワサプライのビデオキャプチャー(400-MEDI008)を使用します。

サンワサプライビデオキャプチャーの特徴

サンワサプライビデオキャプチャーの最大の特徴は、
パソコン、モニター無しでVHSをmp4に変換できるところです。
直接SDカードやUSBなどに保存することができます。手軽さで言ったら抜群です。
 
mp4を編集するなど細かくダビング設定をしたい方は、違う方法をおすすめします。以下の記事で他の方法も説明していますのでご参照ください。
VHS(ビデオテープ)のデータ化を自分で簡単にする4つの方法と注意点

必要なもの

以下3点があればVHSのダビングできます。
 

  • ・サンワサプライビデオキャプチャー
  • ・ビデオデッキ
  • ・SDカード or USB(外付けHDD)

 
必要なもの
 
SDカードやUSBはあるとしても、サンワサプライビデオキャプチャーとビデオデッキは購入またはレンタルしないといけません。

サンワサプライビデオキャプチャー

サンワサプライビデオキャプチャー(400-MEDI029)はAmazonで購入することができます。
Amazon サンワダイレクト ビデオキャプチャー デジタル保存 PC不要 USB/SD/HDD 保存 HDMIでテレビ出力 モニター付き 400-MEDI029
サンワサプライビデオキャプチャー
 
値段は、17,000円(金額は変動します)と少し高額です。
 
I・Oデータでも類似の商品がありますが、本記事のビデオキャプチャーは、サンワダイレクトの製品となります。I・Oデータのビデオキャプチャーは、機械自体にモニターがないので製品そのもののスペックが違いますのでご注意ください。

VHSビデオデッキ

VHSのビデオデッキは、家庭用の10,000円前後で十分です。
50,000円くらいで高額で販売してあるVHSビデオデッキは、購入しないでください。
ビデオデッキを購入する場合は以下の記事をご参照ください。注意点がまとめてあります。
必見!ビデオデッキを購入するならどれがおすすめ?
 
また、少々手続きなどは面倒ですがレンタルをするお店もあります。以下の記事をご参照ください。
ビデオデッキのレンタル業者ならここで決まり!厳選5社!

SDカード or USB(外付けHDD)

わざわざ購入しなくても、お持ちのもので十分です。
Amazonを一応ご案内します。
Amazon SDカード
 
一応豆知識として、SDカードやUSBは長期保存には向いておりません。できれば、ダビングした後は、パソコンやHDDに保管することをオススメします。さらにクラウドでバックアップを取ると完璧です。

サンワサプライのビデオキャプチャーでmp4変換

それでは、早速サンワサプライのビデオキャプチャーでダビングをしていきます。
すごく簡単です!

中身の確認

ここら辺は簡単に流します。
 

  • ・本体
  • ・電源
  • ・RCAケーブル(赤白黄)
  • ・説明書

 
それでは早速VHSのダビングをします。

VHSとビデオキャプチャーの接続

ビデオデッキとビデオキャプチャーの電源を入れてから、
ビデオデッキの「出力」にRCA(赤白黄)ケーブルを差し込んでください。
同じく、ビデオキャプチャー本体にもRCA(赤白黄)ケーブルを差し込んでください。
以下イメージです。
 
VHSとビデオキャプチャーの接続
 
本当に簡単です。
ビデオキャプチャー本体の画面が青くなって入れば準備OKです。

SDカードもしくはUSBカードの挿入

SDカードを右側面の差込口から入れます。
奥までカチッというまで押し込みます。
 
SDカードもしくはUSBカードの挿入

VHSダビング

①それでは、ビデオデッキを「再生」してください。(巻き戻しをしてください)
②録画開始。ビデオキャプチャーの「録画ボタン」を押してください。
 
VHSダビング
 
録画されている時間だけ待ちます。2時間のビデオテープの場合は、2時間待ちます。気長に待ちましょう。
このビデオキャプチャーが優れているところは、映像を確認することができるところです。
ダビング中、映像を見ることもできます。音も出ます。
 
③録画停止。青くなったり、黒くなって再生が終わったことが確認できたら「録画ボタン」を押してください。
 
録画停止
 
SDカードにmp4ファイルが保存されます。

※ 録画時間がわかれば、録画停止タイマー機能もありますので利用してください。
最後、ダビングしっぱなしにすると青い画面をダビングし続けるので注意してください。パソコンで編集することができれば問題ありませんがパソコンでの編集ができない場合は、終わりのタイミングで録画ボタンを押して停止する必要があります。

ダビング内容の確認

サンワサプライのビデオキャプチャーの優秀なところは、SDカードやUSBに入っているmp4を認識して再生することができるところです。
したがって、今ダビングしたSDカードに入っているmp4データはビデオキャプチャーの画面から確認するすることができます。
 
このビデオキャプチャーは、2つのモードがあります。
 

  • ・1つは先ほどやった「ダビングモード」
  • ・もう一つは、これから確認する「再生モード」

 
「モードボタン」で切り替えることが可能です。
 
モードボタン
 
再生モードは、左上のアイコンが再生マークになっています。
 
再生モード
 
真ん中のOKボタンを押すと再生されます。複数mp4ファイルがある場合は、矢印で選択が可能です。
 
真ん中のボタン
 
これで終了です。簡単ですね。

映像の保管

SDカードには、videoフォルダが作成されていて以下のmp4ファイルができています。
 
SDカードには、videoフォルダが作成
 
SDカードのmp4ファイルは、パソコンや外付けのHDDに移動して保管してください。SDカードは保管用というより一時保存に使用してください。なぜなら耐久性がないので入れぱなしにしておくとSDカード自体が劣化して破損する可能性があるからです。
一番のオススメは、クラウドサービスを使ってバックアップを取ることで半永久的に思い出を残すことが可能です(Googleフォトなど)

サンワサプライの便利の機能

使わなくても大丈夫ですが、活用すると便利な機能がありますので紹介します。

録画停止タイマー機能

少し触れましたが、自動で停止してくれる機能があります。
録画時間だけダビング時間を要するのでその間、出かけたり、仕事したりしていると最後の停止を押すことができません。その場合、SDカードが一杯になるまでダビングをします。要するに終わった画面(青い画面など)をずっとダビングしてしまいます。あとでパソコンで編集することができれば問題ないですが、できない場合は、この機能を利用してください。

アナログ信号消失検知機能

これは、アナログの信号が検知しなくなった場合、検知して自動で停止してくれる機能です。
これがうまく機能すれば、録画停止タイマーを使わなくても自動で停止してくれます。

ただ問題があるのは、青い画面は信号が来ていないことになります。ビデオ再生途中で青い画面がある場合、終わっていないのに自動で停止する可能性があります。青い画面は、映像と映像の間、ノイズが強い場合などで結構見られるので注意が必要です。

ダビング中に映像を画像として保存する機能

ダビング中に、「録画」ボタンを長押しするとその場面をjpgファイルで保存してくれます。
これは、単純に素晴らしい機能です。これだけでも利用価値はありそうですね。

ダビング中や再生中にHDMIでテレビに出力ができます

HDMI端子をテレビやモニターにつなげれば、大画面で確認しながらダビングをすることができます。
本体のHDMI端子の差込口は、少し力が必要です。固い!

仕様

ディスプレイサイズ 3.5型
対応入力解像度 720*480(480i)
対応出力解像度 1280*720(720p)
記録方式 H.264/AVC(MP4)
フレームレート 60fps
スロット(用意された差込口) SDカードスロット
コネクタ 保存用:USB Aコネクタ メス
ビデオ入力端子:S端子、RCA映像端子
オーディオ入力:RCA音声端子(L/R)
ビデオ主力:HDMI端子
給電用:microUSBコネクタ メス
電源 DC5V/1A
スピーカー 1W
サイズ重量 約W160*D73.5*H25mm・約160g

まとめ

いかがだったでしょうか。
本体機器にモニターが付いているので料金は少し高いですが手軽さだと群を抜いています。
単純にVHSをmp4に変換するだけならこのサンワサプライのビデオキャプチャーはオススメです。ただ、DVD作成、編集などのソフトウェアは付属しておりませんのでその点はご注意していただけたらと思います。もし違うやり方にご興味があるようであれば以下の記事が参考になります。
VHS(ビデオテープ)のデータ化を自分で簡単にする4つの方法と注意点
 
最後に、業者に頼んだ場合、DVD作成などのソフトウェアが付属しているキャプチャーと比較して一覧表にまとめます。

 

製品名 変換 手軽さ その他 価格
サンワサプライ(本商品) mp4データ 写真キャプチャーやアナログ信号消失検知機能などが付いている 12,800円(アマゾン)
I・Oデータアナレコ mp4データ アナログ信号消失検知機能などが付いている 13,600円(アマゾン)
I・Oデータビデオキャプチャー mpegデータ、DVD DVD作成ソフト(編集機能付き)が付属している 2,962円(アマゾン)
デジ造ビデオキャプチャー mpeg・avi・mp4・wmv等のデータ、DVD 一つのソフトで、DVDとデータの出力ができる 1,882円(アマゾンで中古)
バッファロービデオキャプチャー mpegデータ、DVD DVD作成ソフト(編集機能付き)が付属している 3,736円(アマゾン)
パソコン要らず!CD/DVD 録画・録音簡単録右ェ門(本製品) mp4/mpgデータ、DVD パソコンなしで、DVDとデータにすることができる 29,800円(アマゾン)
ダビングコピー革命(業者) mp4データ、DVD ほぼ丸投げでOK。各種オプションも充実 時間無制限で499円/本

おすすめのダビング業社

ダビングコピー革命は、東京都台東区に実店舗を構える、国内最大級のネットダビング通販です。
ダビングサービス部門3冠受賞、6つの安心、技術、価格、実店舗がある等お客様にご安心いただいております。

 
ダビングコピー革命
 
ダビングコピー革命

 

↓↓↓↓↓まずは、ホームページで詳細を確認してみてください↓↓↓↓↓

ダビングコピー革命

この記事を書いた人

株式会社グッドヒルシステムズ 代表取締役 吉岡崇

吉岡 崇

株式会社グッドヒルシステムズ 代表取締役

「国内最大級のダビング通販サービス」ダビングコピー革命を運営。
このブログでは、皆様のビデオテープに対する悩み事を解決できるように発信していきます。
>> ダビングコピー革命概要ページへ

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
法人の方からのご注文も承っております
法人の方からの
ご注文も承っております
法人注文について詳しく見る

CONTACTダビングコピーの
お申込み・お問合せ

WEBでのお申込み

右記ボタンよりお申込み・お問合せフォームへ行き、詳細をご記入ください。内容を確認後、担当者よりご連絡いたします。

Web無料見積はこちら
郵送でのお申込み

電話せずに直接配送するだけで OK !到着後、ダビングコピー革命からご連絡いたします。
直接配送だとやりとりにお時間がかかる場合がございます。
WEB でのご注⽂をしてから配送していただくことをおすすめいたします。

発送先
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命0120-980-192
ご来店の方はこちら 
〒111-0041 東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命公式サイトへ