VHSのDVDダビングでおすすめのビデオキャプチャーを紹介します!

ダビングコピー革命

VHSのDVDダビングでおすすめのビデオキャプチャーを紹介します!

2020.12.21 更新
VHSのダビングを考えていてどのビデオキャプチャーか迷っている方は多いと思います。
 
この記事では人気で安い、VHSのダビングに超おすすめのビデオキャプチャー、「I・OデータのGV-USB2」をご紹介します。
 
本製品は、VHS(ビデオテープ)からmpegファイル、DVDにダビングすることができます。
※ ビデオデッキがあれば、VHS以外のテープもダビングできます
 
パソコンとビデオデッキをビデオキャプチャーでつないで、パソコンでダビング専用のソフトウェアを使ってダビングします。
そこまで高度の知識は必要なく一般的なパソコンの知識で十分ダビングすることができるのでかなりおすすめの製品です。
 
そのほかのダビング方法やダビング業社に興味があれば以下の記事を参考にしてみてください。
VHS(ビデオテープ)のDVDダビング業者の紹介や、やり方を一挙公開!

I・OデータビデオキャプチャーGV-USB2の特徴

パソコンを使う前提ですが、VHSをDVDまたはデータに変換することができます。
付属しているソフトウェアは以下の通りです。

  • ・DVDオーサリングソフト「PowerProducer5」
  • ・ビデオ録画ソフト「Light Capture」
ソフトウェア 成果物
PowerProducer5 DVD-video
Light Capture mpegファイル

世の中にあるビデオキャプチャーはたくさんありますが、差別化ポイントは、付属しているソフトウェアの違いにあります。ビデオキャプチャー本体自体に違いはないといってもいいと思います。

PowerProducer5

パワープロデューサーと読みます。
パワープロデューサーは、VHSなどのテープを

  • ①読み込み(キャプチャー)
  • ②そのデータを簡単な機能ですが編集することができ(カット程度)
  • ③DVDのメニューやチャプターを編集してDVDを作成

してくれるソフトウェアです。高度な編集やメニュー作成を要しない場合は、この3機能があれば申し分ありません。
家庭用のVHSをダビングするのであれば大変優秀なソフトです。
 
本製品をおすすめする理由は、ずばり、この「PowerProducer5」があるからです。
 
DVDを作成する上でmpegに変換してからDVDにするので実質「PowerProducer5」でDVDもmpegにも変換が可能です。

Light Capture

ライトキャプチャーと読みます。
ライトキャプチャーは、VHSなどのテープを、データにするソフトウェアです。DVDに作成する機能や編集の機能はありません。
mpegという動画ファイルに変換します。mp4ではないところは注意が必要です。
今回は、
 
パワープロデューサーを使ってDVD作成
ライトキャプチャーを使ってmpegファイルへの変換
 
両方説明します。

VHSからDVDへ

まずは、Power Producer5を使ってVHSをDVDに変換するやり方を説明します。

必要なもの

必要なものは、以下の通りです。
 
必要なもの
 

  • ・I・Oデータ ビデオキャプチャー
  • ・VHSのビデオデッキ
  • ・RCAケーブル(赤白黄)
  • ・パソコン
  • ・DVDドライバー
I・Oデータ ビデオキャプチャー

どこの通販サイトでも販売していますが、Amazonでもご購入可能です。
GV-USB2/HQは、mpegの他、mp4にも対応しています。
 
●DVDのみ対応 GV-USB2(mpeg) 

 
●DVD及びBlu-ray(mpeg、mp4)  GV-USB2/HQ

VHSビデオデッキ

新品はすでに生産中心なっているので中古しか販売しておりません。
Amazonに豊富に販売していますのでご参考にしてみてください。高いものもありますが、1万円前後が目安となります。
 
ビデオデッキ
Amazon VHSデッキ

RCAケーブル

VHSデッキとドライバーを接続するRCAケーブルが必要です。
Amazonで購入できます。VHSを購入する場合は付属している場合が多いので確認が必要です。
また、ハードオフのような中古屋さん行くと100円で売っていますので近くにある場合は行ってみてください。

パソコン

所有のパソコンで大丈夫です。特段高スペックでなくても大丈夫です。
デスクトップだとDVDドライブがあるので書き込み可能であれば、次のDVDドライバーは必要ありません。

DVDドライバー

DVDドライバーには、読み込み専用のものありますので書き込みもできるドライバーを購入してください。
以下がAmazonで購入できます。

 
ブルーレイの場合は、ブルーレイに対応しているドライバーの必要があります。

I・Oデータビデオキャプチャーの内容物の確認

内容物の確認はさらっと流します。以下の通りです。
 
I・Oデータビデオキャプチャーの内容物の確認

ビデオデッキ、パソコンにビデオキャプチャーの接続

  • ①ビデオデッキの出力に、RCAケーブルの赤、白、黄、それぞれ接続します。
  • ②I・OデータのビデオキャプチャーのUSBをパソコンに接続します。
  • ③RCAケーブルとビデオキャプチャーを接続します。

ビデオデッキの出力に、RCAケーブルの赤、白、黄、それぞれ接続します。
 
I・OデータのビデオキャプチャーのUSBをパソコンに接続します。

ソフトウェアのインストール

付属のDVDをドライバーに入れる。

付属のDVDをドライバーに入れてください。
 
付属のDVDをドライバーに入れる

GVUSB2をダブルクリック

GVUSB2をダブルクリックしてインストーラーを立ち上げてください。
 
GVUSB2をダブルクリック
 
インストールのダイアログボックスが立ち上がりますので、「自動インストール」をクリックしてください。
 
自動インストール
 

  • ・本体ドライバー
  • ・Light Capture
  • ・PowerProducer5

 
がインストールされます。
 
デスクトップにLight CaptureとPowerProducer5のショートカットができます。これでインストールは完了です。
 
インストール完了

VHSのDVDダビング

それでは、VHSからDVD作成の手順を解説していきます。
現在は、以下イメージの接続状況です。
 
VHSのDVDダビング

PowerProducer5の準備

デスクトップのPowerProducer5のアイコンをダブルクリックしてください。
以下のようなユーザー登録を求められます。
任意で登録してください。登録するとDVDメニューの豊富なデザインテンプレートを使うことができます。今回は、登録なしで解説します。
 
PowerProducer5の準備
 
「ムービーディスクの作成」をクリックしてください。
 
「ムービーディスクの作成」では、ただDVDを作成するだけではなくて、メニューやチャプターなどの設定やデザインができます。
 
ムービーディスクの作成

初期設定

以下の設定で良いと思います。
 

  • 1, DVD(このソフトウェアはblu-rayには対応していません)
  • 2, DVD-Video
  • 3, 4.7GB(2層式の場合は8.5GB)
  • 4, 4:3(VHSの場合は4:3。家庭用のテープは4:3です)

 
初期設定

データの呼び出し

どのデータを使ってDVD作成をするかを選びます。
「読み込み」はパソコン内、DVDドライブにある動画ファイルからDVD作成をします。
今回は、ビデオデッキを再生しキャプチャーしてDVDを作成するので「キャプチャ」「動画」をクリックしてください。
 
データの呼び出し
 
この設定で、ビデオデッキとパソコンが接続されました。
ビデオデッキの再生ボタンを押せば以下のイメージ図の赤枠で囲った部分に映像が流れます。その部分をキャプチャー(録画)します。
 
キャプチャー(録画)

VHSダビング 録画

ビデオデッキを再生すると映像が流れます。
タイミングをみて赤い丸の「録画」ボタンを押すとダビングが開始されます。
 
録画
 
60分テープなら、60分のダビング時間を要します。

VHSダビング 停止

停止する場合、映像をみて終わりになったら「停止」をすれば大丈夫です。停止ボタンは四角いボタンです。
ダビング中、出かけたり、違う作業をされる場合は、終わりの部分を過ぎても録画されてしまいますが、当ソフトは編集可能ですので問題ありません。
 
VHSダビング 停止
 
停止をすると下の枠に読み込んだデータがサムネイル表示されます。
「OK」をクリックしてください。編集ページへ移動します。
 
編集ページ

編集

いらない映像をカットして編集することができます。
左側の編集の下に「ビデオクリップ」と「CMカット」ボタンがあります。
CMカットは、自動でCMを認識してカットしてくれる機能です。
今回は、「ビデオクリップ」で後ろの映像をカットする方法を説明します。VHSのビデオデッキは、映像が終わると青や黒の画面を表示させます。録画を停止しないと青や黒の画面も録画し続けることになりますので、ダビング中に出かけたりする場合、夜通しダビングする場合などは、後ろの部分はカットすることになります。そのほか、必要ないところはこの編集機能でカットできます。
「ビデオクリップ」を押してください。
 
編集
 
以下のような画面になります。
 
編集
 
①スライドの上のつまみで操作します。オレンジ色の部分が残る映像です。
②「選択部分を残す」を選択
③「実行ボタン」をクリック
 
ビデオクリップ
簡単な編集機能しかありませんが大変重要な機能です。

メニュー画面のデザイン変更

DVDは、映画のDVDやブルーレイをレンタルしたことのある方はわかると思いますが、メニュー画面があります。
PowerProducer5は、メニュー画面のデザインの変更、編集ができます。
 
まずは、メニュー画面のデザインテンプレートを変更してみます。
左側の編集の下の「メニュー」ボタンをクリックしてください。
デザインテンプレートの変更
 
「テンプレート」をクリックしてください。
 
テンプレート
 
お好きなテンプレートをお選びいただきまして「OK」をクリックしてください。
テンプレート
 
デザインが変更されました。
 
デザインが変更されました
 
タイトルなどはクリックすると変更することができます。
 
タイトル

メニュー画面の設定

メニュー画面のサムネイル数の設定ができます。なるべく多いほうがいいと思います。
左側の編集の下の「メニュー」ボタンをクリックしてください。
 
メニュー画面の設定
 
「ページ別サムネイル」をクリックしてください。
ページ別サムネイル
 
お好きな数のサムネイル数をお選びいただき「OK」をクリックしてください。
 
サムネイル
 
1番上の階層のサムネイル数は常に1つです。1番上の階層のサムネイルを増やしたい場合は、mp4などの動画ファイルを個別で入れる必要があるようです。そのほか、ダビング中に停止を押すと信号が切れたことを認識し1番上の階層が追加されます。
その下の階層は、次で説明するチャプター数に応じてサムネイルの数が決まります。

チャプターの設定

チャプターは、区切りのことです。好きなシーンを呼び出すことができる機能で、DVD-videoの規格ですと99までと決まっているようです。
左側の編集の下の「チャプター」ボタンをクリックしてください。
サムネイル
 
「チャプターを均等に作成する」を選択して「オートチャプター」ボタンをクリックしてください。
「チャプターを均等に作成する」は、チャプター数の数だけ均等に区切ります。
 
チャプターを均等に作成する
 
下の枠にサムネイルが表示されます。確認してから「OK」をクリックしてください。
 
サムネイル設定

DVD作成

最後にDVD作成をして終了です。
編集ページから「次へ」をクリックしてください。
 
DVD作成
 
この設定を保存したい場合を除き、特にチェックいりません。「書き込み」をクリックしてください。
 
書き込み
 
下のイメージのように左下のプログレスバーが赤くなっている場合は、容量オーバーでDVDに書き込みができませんので上部メニューの「トンカチアイコン(環境設定)」をクリックしてください。
 
ンカチアイコン(環境設定)
 
「ビデオ/音声」タブをクリックしてください。
 
ビデオ/音声
 
「Smart Fit」をクリックしてください。
「Smart Fit」は、DVDに入るようにデータを圧縮します。圧縮するということは映像の質は落ちることはご承知ください。
 
Smart Fit
 
データをDVDのデータに変換してからDVDへ書き込みします。パソコンの性能で早い遅いはあると思いますが、10〜20分程度で書き込みが完了します。以下の画面とともにDVDドライバーが開いたらDVDの書き込みが完了しています。
 
DVDの書き込みが完了

VHSからデータ(mpeg)へ

付属のLight Captureを使ってVHSからデータ(mpeg)へ変換するやり方を説明します。
注意が必要ですが、このソフトは、mpegへの変換です。
mp4ではないので最近のパソコンだと見ることができない場合が多いですが、最後に解決方法をご紹介します。

必要なもの

基本、Power Producer5と同じです。DVDへの書き込みがないので、DVDドライバーは必要ありません。
 

  • ・I・Oデータ ビデオキャプチャー
  • ・VHSのビデオデッキ
  • ・RCAケーブル(赤白黄)
  • ・パソコン

 
詳細は、Power Producer5をご参照ください。

VHSダビング(データへ)

それでは、VHSからデータ変換への手順を解説していきます。

Light Captureの立ち上げ

「Light Capture」をダブルクリックして立ち上げてください。
 
Light Capture
 
以下のイメージのようなソフトウェアが立ち上がります。この青いスクリーンにVHSの再生された映像が出ます。このスクリーンをキャプチャーします。
 
Light Captureのスクリーン

Light Capture設定

右下の設定ボタンをクリックしてください。
面倒の場合は特にいじらなくても大丈夫ですが、保存場所などが出ていますので確認してください。
 
Light Capture設定
 
ここでは、インターレースだけ解除をします。
解除すると早い動きでも綺麗に再生します。
左側のメニューの「映像フォーマット」をクリックして、「インターレース解除」「ON」にしてください。
 
映像フォーマット

VHSダビング

ビデオデッキを「再生」して、ライトキャプチャーの左にある赤い丸の「録画」ボタンをクリックするとキャプチャーを開始します。
キャプチャー開始
 
映像が終わりましたら「停止」を押しください。
キャプチャーの停止
 
「一覧」ボタンをクリックするとキャプチャーされたファイルがmpegデータで保存されています。
 
mpegファイルの生成
 
mpegファイルの生成
 
mpegデータが保存されています。
 
簡単にVHSをmpegデータにすることができました。

windows10でmpegデータを再生する方法

windows10でmpegデータをダブルクリックすると再生されません。それは動画再生のアプリケーションは、デフォルトで「映画&テレビ」に設定されているためです。
 

windows media playerを使う

windows media playerを使う
 
解決策としてwindows media playerを使えば再生することができます。
ファイル上で「右クリック」「プログラムから開く」「windows media player」をクリックでwindows media playerが立ち上がり再生することが可能です。
windows media player

ファイルコンバーターサイトでデータを変換する

mp4やmovなどに変換して再生することも可能です。mpegがどうしても再生できない場合は試してみてください。
オンラインで変換可能ですので以下サイトを試してみてください。
Convertio

仕様

インターフェイス USB2.0
ビデオ入力端子 入力映像方式:NTSC(カラー)
コンポジットビデオ入力:RCAピン×1
Sビデオ入力:RCAピン(L/R)×各1
オーディオ入力端子 外部ライン入力:RCAピン(L/R)×各1
録画フォーマット:ビデオ画素数 MPEG-2:352×240〜720×480
録画フォーマット:オーディオビットレート リニアPCM:1536Kbps
録画フォーマット:サンプリング周波数 48kHz
対応DVD 1層/2層DVD-R,1層/2層 DVD+R,DVD-RW,DVD+RW,DVD-RAM
質量 約50g
電源 +5V(USBポート)
消費電流 150mA

まとめ

以上が、VHSのダビングにおすすめのビデオキャプチャー、I・OデータGV-USB2(GV-USB2/HQ)の説明でした。
パソコンを使うので少々手間はかかりますが決して難しくはありません。
 
本製品は、コストパフォーマンス含めて、DVDとデータ両方に対応、DVD作成ソフトのPowerProducer5のクオリティが高いなどメリットが大きいです。パソコンが苦手な人でも本記事を参考にダビングすれば全く難しくはないと思います。
わからない場合は、コメントをいただければすぐにお答えします。
 
そのほかのダビング方法やダビング業社に興味があれば以下の記事を参考にしてみてください。
VHS(ビデオテープ)のDVDダビング業者の紹介や、やり方を一挙公開!
 

製品名 変換 手軽さ その他 価格
I・Oデータビデオキャプチャー(本商品) mpegデータ、DVD DVD作成ソフト(編集機能付き)が付属している 2,962円(アマゾン)
デジ造ビデオキャプチャー mpeg・avi・mp4・wmv等のデータ、DVD 一つのソフトで、DVDとデータの出力ができる 1,882円(アマゾンで中古)
バッファロービデオキャプチャー mpegデータ、DVD DVD作成ソフト(編集機能付き)が付属している 3,736円(アマゾン)
サンワサプライビデオキャプチャー mp4データ 写真キャプチャーやアナログ信号消失検知機能などが付いている 12,800円(アマゾン)
I・Oデータアナレコ mp4データ アナログ信号消失検知機能などが付いている 13,600円(アマゾン)
パソコン要らず!CD/DVD 録画・録音簡単録右ェ門(本製品) mp4/mpgデータ、DVD パソコンなしで、DVDとデータにすることができる 29,800円(アマゾン)
ダビングコピー革命(業者) mp4データ、DVD ほぼ丸投げでOK。各種オプションも充実 時間無制限で548円/本

おすすめのダビング業社

ダビングコピー革命は、東京都台東区に実店舗を構える、国内最大級のネットダビング通販です。
ダビングサービス部門3冠受賞、6つの安心、技術、価格、実店舗がある等お客様にご安心いただいております。
 
ダビングコピー革命
 
ダビングコピー革命

 

↓↓↓↓↓まずは、ホームページで詳細を確認してみてください↓↓↓↓↓

VHS DVDダビング

この記事を書いた人

株式会社グッドヒルシステムズ 代表取締役 吉岡崇

吉岡 崇

株式会社グッドヒルシステムズ 代表取締役

「国内最大級のダビング通販サービス」ダビングコピー革命を運営。
このブログでは、皆様のビデオテープに対する悩み事を解決できるように発信していきます。
>> ダビングコピー革命の口コミ
>> ダビングコピー革命概要ページへ


プライバシーマーク

株式会社グッドヒルシステムズ(ダビングコピー革命運営)は、プライバシーマークを取得しています。
また、当サイトはSSLを導入しており、お客様の個人情報などの大切なデータを安全にやりとりできます。

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
法人の方からのご注文も承っております
法人の方からの
ご注文も承っております
法人注文について詳しく見る

CONTACTダビングコピーの
お申込み・お問合せ

WEBでのお申込み

右記ボタンよりお申込み・お問合せフォームへ行き、詳細をご記入ください。内容を確認後、担当者よりご連絡いたします。

Web無料見積はこちら
郵送でのお申込み

電話せずに直接配送するだけで OK !到着後、ダビングコピー革命からご連絡いたします。
直接配送だとやりとりにお時間がかかる場合がございます。
WEB でのご注⽂をしてから配送していただくことをおすすめいたします。

発送先
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命0120-980-192
ご来店の方はこちら 
〒111-0041 東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命公式サイトへ