その他

2016.7.24

VHSテープを送るときには、新聞紙!

今日の元浅草は日曜ののんびりモードですが、

vhs_dvd2_01

 

お客様がVHSやベータマックスなどテープのダビングを依頼される際、

見積もり方法や料金、納期などたくさんの質問をいただきます。

その中でも意外と多いのが、テープの受け渡しについてです。

店舗近くにお住まい、お勤めの方は直接、テープを持ち込んでいただき、

作業終了後に引き取りにいらっしゃるケースがほとんどです。

直接来店が難しい場合は、郵送になります。

郵送会社は佐川急便さんでもクロネコヤマトさんでも、

日本郵便さんでもどこでもOKです。

申し訳ないのですが、お客様からのテープ郵送時の送料は

お客様負担となりますm(__)m。

 

郵送時に気をつけていただきたいのが、梱包です。

テープを段ボールにそのまま入れて送られるお客様が

たまにいらっしゃるのですが、やはり破損の心配があります。

テープは精密機器ではないので、神経質になる必要もないのですが、

大事な思い出や記録が詰まったテープの、万が一の事態を避けるためにも、

ぜひ緩衝材の利用をお願いしたいです。

緩衝材はプチプチがベストですが、一般の家庭にはそう都合よくありませんよね(笑)。

プチプチが無いときは新聞紙やチラシを使用してください。

新聞紙やチラシはクッション性を損なわないように、

軽く潰して使用するのがポイントです!

テープに衝撃が伝わらないように、段ボールの底から上部まで

新聞紙やチラシをきっちりと詰めてくださいね。

 

1469353822202

 

発送方法で不明点などあれば、遠慮なく電話やメールで

お問い合わせください。ご質問お待ちしております。