miniDVのダビングが超簡単!PC、モニタ不要!mp4変換。サンワサプライビデオキャプチャーの使い方の解説!(400-MEDI029)

ダビングコピー革命

miniDVのダビングが超簡単!PC、モニタ不要!mp4変換。サンワサプライビデオキャプチャーの使い方の解説!(400-MEDI029)

2021.07.15 更新

miniDVを、サンワサプライビデオキャプチャー(400-MEDI029)を使って、mp4ファイル変換する方法を説明します。(DVD変換はできません)mp4は、パソコンやスマートフォンで見たり、保管することができるので便利です。

miniDVは、2000年代頃に発売されたビデオテープです。DV方式なので、今までのアナログビデオテープより画質がいいのと、小型であるのが特徴です。

以下の写真の通りVHSテープと比べると小さいです。

サンワサプライビデオキャプチャーの特徴

サンワサプライビデオキャプチャーの一番の特徴は、パソコンなし、モニターなしでminiDVを簡単にmp4にすることができることです。
多少金額は高いですが、手軽さを考えるとオススメです。
パソコンを使わないのでDVDにすることはできないので注意が必要です。DVDにしたい場合は、パソコンにmp4を移動して専用ソフトでDVDにすることができます。
miniDVをDVDにしたい方は、以下のページをご参考にして見てください。
↓↓↓↓

miniDVのダビングの方法を一挙公開

必要なもの

以下3点となります。

  • ・サンワサプライビデオキャプチャー(本機)
  • ・miniDVビデオデッキ(ビデオカメラ)
  • ・USB等(HDD、SDカード等でもOK)
  • ・RCA(赤白黄ケーブル)

サンワサプライビデオキャプチャー(本機)

実際にminiDVのテープをmp4にする機械になります。
類似品も多いですので注意が必要です。本製品は、小さいモニターがついていて映像を確認をすることができます。
サンワサプライビデオキャプチャーは、Amazon、楽天、yahooショッピング等どこのショッピングモールで購入することができます。
一応Amazonをご紹介します。値段は、13,800円(執筆時)です。

Amazon サンワダイレクト ビデオキャプチャー デジタル保存 PC不要 USB/SD/HDD 保存 HDMIでテレビ出力 モニター付き 400-MEDI029

miniDVビデオデッキ(ビデオカメラ)

miniDVのテープを再生する機材が必要です。要するにビデオデッキです。
miniDVのビデオデッキは、業務用が多いので、miniDVビデオカメラをお勧めします。
ビデオカメラは、撮影するモード以外にも再生するモードも必ずついています。この再生モードを利用してダビングします。
Amazonをご紹介します。11,480円(執筆時)です。
ビデオカメラやデッキは、現在はほとんど新品はありません。本商品も中古となります。

SONY DCR-PC120 デジタルビデオカメラレコーダー miniDVカセットテープ ソニー

USB、HDD、SDカード等

サンワサプライビデオキャプチャーで変換したmp4を格納するメディアになります。
一応容量制限があるので表を掲載します。

対応メモリ 容量
SDメモリーカード
SDHCメモリーカード
SDXCカード
128GBまで
microSDメモリーカード
microSDHCメモリーカード
microSDXCカード
USBメモリー
USBハードディスク 2TBまで

特におすすめの商品はありません。Amazonなどでかなり多くの商品がありますので適切な商品をお選び下さい。

RCAケーブル(赤白黄)

RCAケーブルは、ビデオカメラを買うと付属している場合がありますので注意が必要です。ビデオカメラの付属品を必ず確認してください。

準備及び設定

それでは、サンワサプライビデオキャプチャーでminiDVダビングの説明をしていきます。
miniDVビデオカメラで再生して、ビデオキャプチャーで読み込んでmp4にします。

中身の確認

中身は以下の内容となっています。

  • ・ビデオキャプチャー(本機)
  • ・USBアダプター(電源)
  • ・RACケーブル(赤白黄)
  • ・取扱説明書

今回は、RACケーブルは、本製品に付属しているものではなくて、カメラに付属している片方が赤白黄ケーブル、もう片方が1本のケーブル(AUXケーブル)を利用します。以下のケーブルになります。

miniDVデッキ(ビデオカメラ)とビデオキャプチャーの接続

  • ①ビデオキャプチャーのUSBアダプターで電源を入れて、
  • ②ビデオキャプチャーの赤白黄ケーブルを合わせて差し込んで、ビデオカメラのAUXケーブルの差し込み口に入れます。

メディアの接続

変換したmp4の保存先である格納メディアを差し込みます。
お好きなメディアをお選び下さい。

●USBの場合
モニター右上にUSBのアイコンが表示されます。

●SDカードの場合
モニター右上にSDカードのアイコンが表示されます。

初期設定

初期設定しなくても問題はないのですが、望ましい設定を説明します。
「Menu」ボタンを押してください。

日付設定

設定しないと気持ち悪いですよね。
スケジュール録画を利用する場合は日付の設定が必要です。

 
上下左右の矢印ボタンで設定してください。

日付表示

日付表示はオフにしてください。お好みですが、日付表示をオンにするとダビングした日付が映像に表示されます。
撮影当時の日付を表示するのであればわかるのですが、ダビングした日付を表示する必要はないと思います。
 
チェックを外れていることを確認してください。
チェックがある場合は、「日付表示」を選択状態にしたまま、「OK」ボタンを押してください。

アナログ信号消失検知

アナログ信号消失検知はオフにしてください。こちらもお好みではあるのですが、オススメはできません。
アナログ信号消失検知は、映像の信号がないと録画をストップしてしまいます。便利のようで、撮影と撮影の間で映像の信号がなくなることはよくあります。
その都度、アナログ信号消失検知でストップされてしまうと面倒です。そのままダビングして、後で編集するか、気にならない場合はそのままで良いと思います。
ただし、映像の終わりは自動でストップしてくれます。これは便利。皆様の判断にお任せします。
 
チェックを外れていることを確認してください。
チェックがある場合は、「アナログ信号消失検知」を選択状態にしたまま、「OK」ボタンを押してください。

録画停止タイマー

便利な機能ですが、ビデオテープの録画時間がわかる時に使用してください。(テープの容量ではなく録画時間です)
ビデオテープの録画時間が知りたい場合は

ビデオテープの録画時間を測る方法

をご参照ください。

 
「録画停止タイマー」を選択すると以下のように時間を選択することができます。
テープの録画時間に合わせて適切な時間を選択してください。選択した時間で自動で停止するので、気づかなければずっとダビングするようなことは避けることができます。

ストレージの選択

SDカードの場合は、「SDカード」、USB、外付けHDDの場合は「USB」を選択してください。

以上が初期設定です。他にもありますが重要ではないので割愛します。

ビデオカメラの設定

ほとんどのビデオカメラは

  • カメラモード
  • ビデオモード

があります。
カメラモードは、撮影するモードで、ビデオモードは、鑑賞するためのモードです。
今回は、ビデオデッキがわりにしようするのでビデオモードに設定してください。

miniDVダビング

miniDVを巻き戻してビデオカメラにセットしてください。

ダビング開始

ダビングはすごく簡単です。

  • ①ビデオカメラを再生
  • ②ビデオキャプチャー本体の右下赤いボタンを押す

以上となります。


 
赤丸で囲った箇所にダビングの経過時間が表示されます。

ダビング終了

ダビング終了時は、開始と同じ、右下「赤いボタン」を押します。
ダビング中、目の前にいれば終わりと同時に停止すると、後ろに余分の余白が入らないで済みます。
ただ編集ソフトを使えば後ろもカットできます。今はスマホのソフトで簡単に編集することができます。
編集が可能な場合は、ダビングしたまま放置しても大丈夫です。

データの確認

SDカードの中身をパソコンで確認すると、mp4ファイルが生成されているのが確認できます。

 
ダブルクリックするとmp4ファイルが開きました。

 
また、キャプチャー本体でも映像を確認することができます。
 
「モード」ボタンを押してください。

 
1回押すと写真を見ることができます。
左上に写真のアイコンが表示されます。写真データがない場合は青い画面です。

 
もう一回押すと動画を見ることができます。要するにモードボタンを2回押すと動画を見ることができます。
映像が複数ある場合は、左右の矢印で操作してください。

仕様

ディスプレイサイズ 3.5型
対応入力解像度 720*480(480i)
対応出力解像度 1280*720(720p)
記録方式 H.264/AVC(MP4)
フレームレート 60fps
スロット(用意された差込口) SDカードスロット
コネクタ 保存用:USB Aコネクタ メス
ビデオ入力端子:S端子、RCA映像端子
オーディオ入力:RCA音声端子(L/R)
ビデオ主力:HDMI端子
給電用:microUSBコネクタ メス
電源 DC5V/1A
スピーカー 1W
サイズ重量 約W160*D73.5*H25mm・約160g

まとめ

とても簡単にminiDVをダビングすることができました。
前述の通り、このサンワサプライキャプチャーの最大の特徴は、パソコン、モニターなしにダビングをすることができる手軽さです。値段は少し高いですがオススメです。注意が必要なのは、miniDVテープからDVDにすることはできません。あくまでもデータ化です。mp4にすることができます。
本記事では、miniDVテープでの説明になりましたが、デッキさえあれば全てのテープでダビングすることが可能です。
是非チャレンジしてみてください。

●miniDV10本の場合
サンワサプライ 約13,800円 + miniDVビデオデッキ 約11,480円(参考) = 25,280円 + 税

製品名 変換 DVD Blu-ray パソコン 価格
サンワサプライ(本製品) ○ mp4データ × × × 不要 13,800円(アマゾン)
I・Oデータ アナレコ(GV-SDREC) ○ mp4データ × × × 不要 11,800円(アマゾン)
I・Oデータ ビデオキャプチャー(GV-USB2)(本製品) ○ mpegデータ × ○ 必要 3,291円(アマゾン)
Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments

CONTACTダビングコピーの
お申込み・お問合せ

WEBでのお申込み

右記ボタンよりお申込み・お問合せフォームへ行き、詳細をご記入ください。内容を確認後、担当者よりご連絡いたします。

Web無料見積はこちら
郵送でのお申込み

電話せずに直接配送するだけで OK !到着後、ダビングコピー革命からご連絡いたします。
直接配送だとやりとりにお時間がかかる場合がございます。
WEB でのご注⽂をしてから配送していただくことをおすすめいたします。

発送先
〒111-0041
東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命0120-980-192
ご来店の方はこちら 
〒111-0041 東京都台東区元浅草3-1-1 ヨネクラビル4F
ダビングコピー革命公式サイトへ