その他

2016.10.30

ビデオテープのデータ化

ビデオテープをDVDへ。

当店の主力商品です。たくさんの方に利用をいただいています。

しかし、大切な思い出をDVDにするのがベストなのでしょうか?

DVD?Blu-ray?ハードディスク?クラウド?

まずはデータ化すること、デジタル化する目的を考えたいと思います。

 

ビデオテープをなぜデジタル化するのか

なぜデジタル化するかは人それぞれだと思うのですがデジタル化したほうがいいことは間違いないと思います。

ビデオデッキがないから

国内勢のVHSデッキがすべて生産終了になりVHSデッキが手に入りずらなくなりました。唯一の生産していた船井電機も生産を終了しました。
funai_vcr
国内勢のVHSデッキ生産終了 最後の船井電機、時代に幕
家にあったでデッキも動かなくなったり、映像が汚かったり、捨ててしまったりとビデオテープの状態が良くてもデッキ側の問題で大事な思い出のビデオが見れないご家庭が結構あるのではないでしょうか?
現在は、スマホ、パソコン、DVDプレイヤーはほとんどのご家庭にあると思います。これらはすべてデジタルデータを再生することができます。
だから「デジタル化をしたい」方が多いのでしょう。

ビデオテープが劣化するから

カビが生えていたり、ゆがんでいたり、切れていたりでビデオデッキが正常に動いていたとしても見れない。
皆さんもフィルムの劣化は早いのは聞いたことがあると思います。
ビデオテープの劣化で一番多いのはカビです。下画像のようにテープの表面にカビが付着します。カビが付着するとカビを取る特殊作業をしない限り見ることはできなくなります。
img-kabi-judo
そうなる前に「デジタル化をしたい」方も結構多いでしょう。

ビデオテープがたくさんあって置き場所に困る

とにかく場所をとって邪魔だ。だけど捨てられない。
映像が見れるか、見れないかの前に、そこに問題を抱えてる方も結構多いのではないでしょうか?
アナログ、デジタル、見れる、見れない、よくわからないけど・・・
「DVDやデータにしたらスッキリになるのになー」と考えている方も多いでしょう。

ビデオテープをなぜデジタル化するのか

上記の理由から、デジタル化することによって手間がかかることを除いてはメリットしかないと思います。
なぜなら、ビデオテープのようにデータに劣化はないのですから。

しかし、

データを入れる器自体の劣化はあります!

  • ・DVD
  • ・blu-ray
  • ・USBメモリ、SDカード
  • ・パソコンのHDD、外付けHDD
  • ・クラウドサービス

すべて劣化はあるので永久ではないのです。

DVD

デジタルコンテツ協会によるとDVDの寿命は

25度で湿度80%程度 15-178年
30度で湿度80%程度 9-74年

そう、永久ではないのです。なので状態が良くなければ9年以内もあり得るのです。
実験したわけではないので絶対ではありませんが、いろいろ調べた結果

10〜20年程度

の寿命と考えた方が良いでしょう。25度で湿度80%程度、そして保護カバー、不織布等でしっかり保存すれば上記の数字以上は期待できること思います。
定期的に入れ替えの作業をおすすめします。

blu-ray(ブルーレイ)

デジタルコンテンツ協会の実験があった同かはわからにですが、ほとんどDVDと変わらないと思います。
サンワさんのHPの記事だとblu-rayの方が耐久性が低いとのことでした。blu-rayの方が容量が多い半面保護層が薄いとの記事ですね。

10〜20年程度

とDVDと同じくらいの寿命です。
いづれにせよ、風通しの良いところに保護カバー、不織布を入れてしっかりと保存することが大事です。

USBメモリ、SDカード等

メーカーの公称値では、データ保持期間は数10年とされていますが、4〜5年でデータが消える場合もあり実際に消えている事例もかなりあります。
書き換えの回数とかにもよるそうで何度も使い、なおかつ低価格のものだと1,2年もあり得るそうです。
長期保存には全く向いていませんので大切なデータの保存はやめた方が良いです。

1年〜5年程度

程度の寿命です。また、動画データ、写真データ等の大事のデータを長期保存することは止めましょう。

パソコンのHDD、外付けHDD

みなさんも経験あるかもしれませんが、数年でHDDに異音がなったり、認識しなかったり、データが消えたり・・・
だから世の中にはデータ復旧の会社がたくさんあるのです。

パソコンもだいたい5年くらいで買い換えることが多いと思います。その頃になると遅いとか起動しないとかHDDに起因することが結構多いのです。
驚かれるかもしれませんがHDDの寿命は

5年程度

と考えた方が良いです。

クラウドサービス

インターネット回線をつかってデータを専門会社(ストレージサービス会社)に預けてデータを保存します。
基本的にはストレージサービス会社もサーバー内のHDDを使います・・・
ということは5年程度?

ということはないと思います。
サービスを継続させるために常にメンテナンスをしていると思います。温度、湿度もそうでしょう。
異常を感知したらサーバーの入れ替えもしてくれると思います。

今のところ最強の保存形態ではないでしょうか?
その寿命は

永遠(その会社が続く限り)

その会社が続く限り永遠です。それもわからないですが、ご家庭でパソコンや、DVDで保存するよりは確実ですね!

デジタル永遠パック

当店はデジタル永遠パックを開始します。

ビデオテープをDVDではなくて

ビデオテープをデータファイル(.mpeg等)へ

google photosヘアップロードへ

基本料金4,999円 + 1,280円/枚

Googleフォト以外もたくさんサービスがりますが、

  • ・Googleの信頼度
  • ・預けておいても料金は無料

が魅力だったのでgoogleフォトを利用してパックを作りました。

unnamed

また詳しい詳細はアップしますのでお待ちくださいませ!