カセットテープをデジタル化するには?

はじめに

最近はデジタル化が進み、会議の内容などを、ボイスレコーダーやスマートフォンなどで録音、保存して後で聞きなおすことができます。CDや音楽プレイヤーで、好きな音楽だけを聞くことも簡単にできるようになりました。
昔は、これらすべてのものをカセットテープで行っていました。お気に入りの音楽だけを一つのカセットテープに録音して、繰り返し聞いていた方も多いのではないでしょうか。
しかし、カセットテープは劣化が激しく、繰り返し再生しているとテープが擦り切れてしまいます。
また、カセットデッキの中でテープが絡まってしまうこともあります。
再生できなくなってしまう前に、カセットテープをデジタル化して保存しましょう。

カセットテープのデジタル化!4つのメリット

1.カセットテープは、磁気や高温多湿によるカビなどの発生により再生できなくなることがあります。しかし、デジタル化することにより、いつまでも変わらずに再生が可能になります。

2.現在は、カセットレコーダーの販売数が少なく、今お手持ちの機器が破損した場合、メーカーによる修理も難しくなっています。デジタル化することにより、再生機器を選ぶ必要がないため、機器の故障の心配もなくなります。

3.カセットテープでの保管は、意外と場所をとるものです。データ化、バックアップをCDにすることにより、保管場所に悩むこともありません。

4.カセットの入れ替えや早送り巻き戻しなどの作業がなくなるため、手軽に再生できます。

カセットテープをデジタル化するには?

カセットテープをデジタル化(パソコンにダビング)する方法には、大きく分けて2種類の方法があります。

ご自宅でダビングする

時間や予算によって方法はいくつかありますが、今回は3つの方法をご紹介します。

■パソコンにカセットプレイヤーを接続して直接ダビングする

―準備するもの―
・パソコン(今回はWindowsパソコンを使用しています)
・カセットテープの再生機器
・両端がミニジャックになっているオーディオケーブル
・録音ソフト
・ライティングソフト(CDにする場合)

再生機器の出力端子(イヤホンを挿す部分)とパソコンの入力端子(マイクを挿す部分)をオーディオケーブルでつなぎます。
パソコンで録音ソフトを起動して、録音ボタンを押してからカセットを再生します。
録音したい部分まで再生が進んだら、もう一度録音ボタンを押して録音を停止します。
この作業でパソコンに音声データが作成されます。
バックアップを取る場合は、ライティングソフトを使ってCDに焼きます。
録音ソフトはWindowsのサウンドレコーダー、(最近はボイスレコーダーアプリに変更されています)や、フリーソフトなどを使うと便利です。
今回ご紹介する中で、一番安く実行することができます。

■パソコンに専用の機器を接続して保存する

パソコンにマイク端子がない場合や色々なソフトを入れたくないときは、市販のUSBカセットコンバーターなどの機器を使用します。これは、フラッシュメモリやハードディスクなどをUSBで接続し、カセットをセットして作動させるだけで、データへの変更ができるものです。価格は数千円程度で、基本的にはソフト付きで販売されています。

■パソコンを使わず、ダビング可能な機器を使用する

価格は高くなりますが、パソコンを使わずに、CDやUSBメモリなどに直接データをコピーできる機器もあります。
特に難しい操作もなく、3つの方法の中では一番簡単なダビング方法です。
専用のカセットプレイヤーを新たに購入することになるため、ほかの方法と違い、もともと再生機器を持っていなくても、この方法ならコピーすることが可能です。
価格は、数万円程度で販売されています。

ご自宅でカセットテープをデジタル化する際に生じる共通の問題は、時間がかかることです。どの方法でも、そのカセットの再生時間と同じ時間がコピーにかかることになります。
もう一つの問題点は、保存形式です。パソコン再生のみの場合にはあまり問題になりませんが、ポータブルプレイヤーを使用する際には保存形式の変換が必要になります。
カセットが大量にある場合、どの方法でダビングしても、一本終わるごとにカセットの入れ替え作業をしなければならないため、ご自宅でのダビングは現実的には難しいものです。

ダビングサービスに依頼する

ご自宅にカセットテープが大量にある場合や、ご自分でダビングする時間がないときは、専門のダビングサービスを利用することがおすすめです。
ダビングサービスとは、テープを郵送で送るだけでデジタル化してもらうことができるサービスです。
郵送後は届くのを待っているだけで、出来上がったCDがご自宅に届きます。ご自身に専門的な知識や機器がなくても、経験豊富なスタッフがあなたの代わりにダビングしてくれるため、簡単にCDにダビングすることができます。
また、保管状態があまりよくなく、カビが生えてしまっている場合やテープが劣化している場合でも、ダビングサービスであればテープの回復にも対応することが可能です。

状態が悪いものを無理に再生すると、最悪の場合、テープだけでなくお手持ちの機器も破損してしまうこともあります。その結果、二度とカセットを再生できなくなる場合もあるため、デジタル化してバックアップを取ることをおすすめします。

■ダビングサービスの流れ(ダビング革命の場合)

1.まずは簡易的なお見積もり
サイトもしくはお電話で、お見積もりをお申し込みください。
本見積もりはテープの状態を確認した後になるため、この時点でのお見積もりとは内容が変更になる場合があります。
大量にテープがある場合などは、出張見積もりも行っております。まずはご相談ください。

2.テープを発送、または店頭にお持ち込みください。
店舗がお近くの方や、その場で詳しいご説明をご希望の方は、テープを店頭まで直接お持ちください。
発送の場合は、指定の配送業者にてご発送ください。
その際、テープが破損しないように、エアーパッキンなどで梱包し動かないようにしてご発送ください。
大変申し訳ございませんが、発送時の送料はお客様のご負担となります。ご了承ください。

3.正式なお見積もりのご連絡
店頭に届きましたテープを拝見させていただき、作成した正式なお見積もり金額を、お電話もしくはメールにてお伝えいたします。
テープの劣化、カビの発生、外装の破損などの状態により、お見積もり内容が変更になる場合がございます。

4.作業開始
ご連絡させていただいた金額にご了承いただけた場合、作業を開始いたします。
もしお急ぎの場合は、当日仕上がりやお急ぎ作成なども可能です。ぜひご相談ください。

5.決済完了後、ご納品
ダビングが終了した商品は、店頭での受け取り、またはご郵送での納品が可能です。

思い出の音源をずっと手元に

カセットテープの作成には、手間と時間がかかるものです。
好きな音を保存するために、録音ボタンを押した後、音をたてないようにじっとしていた方も多いのではないでしょうか。
映像はなく、音のみだからこそ、そのテープを再生したとき、より鮮明に思い出も一緒に再生されます。ラジオを録音したものや小さい頃の歌声など、もう一度聞きなおしてみてはいかがでしょうか。
デジタル化することにより、再生機器を選ばず、いつでも気軽に思い出を振り返ることができるようになります。
ご自分で行うよりも手軽なダビングサービスを利用して、大切な思い出を、いつまでも手元に保管しておきましょう。

ダビング・コピー豆知識 一覧に戻る

運営会社:ダビングコピー革命

shop

〒111-0041
東京都台東区元浅草1-19-2-2F
ダビングコピー革命
0120-980-192

ダビングコピー革命公式サイトへ