ビデオデジタル化

2017.12.2

VHSのデータ化はすごく簡単だった!

ビデオテープの中で最も需要があったVHS。皆さんも、押入れなどにVHSがまだあるのではないでしょうか?
昔、テレビを何度も何度も上書きして録画をしていたのを思い出します。
片付けをしていたら、たくさんのVHSが出てきて、捨てるに捨てれず・・・
または、中身が気になってどうしても見たい!でもビデオデッキがない。

そのような理由でお困りな方は、自分でダビングをしちゃいましょう!

簡単です!

自分でやりたくない場合は、当店にご依頼ください!

VHSのデータ化で必要なもの

  • ・パソコン
  • ・ビデオデッキ
  • ・ビデオキャプチャ

3点セットです。
パソコンは持っていることを前提としますね!
ビデオデッキとビデオキャプチャーは普通は持っていません。
必要に応じて購入しましょう。

VHSビデオデッキを用意する

借りるか買うかです。

借りる

電助 伝助レンタル
当然レンタルなので、身分証の提示等はあり、手間はかかりますが、
3,500円/1週間
です。以降+1000円/1日ですので注意が必要です。

買う

アマゾン等で中古のVHSビデオデッキを購入しましょう。

Panasonic VHSビデオデッキ VHS NV-HV3G
6,301円〜

ビデオキャプチャー

ビデオキャプチャは、VHSの映像をデータ化する機器になります。

I-O DATA ビデオ/VHS 8mm DVD ダビング パソコン取り込み ビデオキャプチャー 「アナレコ」 GV-USB2
こちらは、データ化はもちろん、DVDにすることも可能です。

ビデオキャプチャーのインストール

簡単です。流れに沿って進んでください。

内容の確認

DVDを入れてインストール

DVDを入れると上記ダイアログボックスが出ます。「自動インストール」をクリックしてください。

DVDを入れてインストール

インストール完了

「LightCapture」というソフトウェアがインストールされています。
下のアイコンは、DVDを作成するソフトウェアです。

VHSダビングの準備

ビデオデッキの出力にRACケーブルをつなぐ

黄、白、赤ケーブル(RACケーブル)をビデオデッキにつなぎます。出力1で大丈夫です。
RACケーブルは、ビデオデッキを購入、レンタルする際に付いてきます。

ビデオキャプチャー本体に黄、白、赤ケーブルをつなぐ

準備完了!


全体的にはこんな感じです。

VHSダビングの開始

LightCapcher(ライトキャプチャー)を起動

ダブルクリックしてください。

ライトキャプチャが立ち上がりました。

ビデオを再生

ビデオキャプチャーの「赤いボタンをクリック」でダビングスタート

ダビングが始まります。

ダビング終了

終わりのタイミングで停止ボタンを押せばダビングが停止します。
これで終了になります。

ダビング終了

終わりのタイミングで停止ボタンを押せばダビングが停止します。
これで終了になります。

保存ファイルを確認

保存ファイルは、「一覧」をクリックするとフォルダが開きます。

.mpgファイルで保存されているのが確認できます。

.mpgファイルに簡単に保存できました。
インストールさえ済めば、
「ライトキャプチャを立ち上げ」 → 「ビデオを再生」 → 「ライトキャプチャを録画」 → 「ライトキャプチャをの停止」で終わりです。簡単ですね!
DVDより、データ化、.mpg等の動画ファイルで保存した方が良いと思います。.mpgであれば、あとでDVDにすることもできますし編集も容易です。DVDにすると、編集はやりにくいし複製も動画ファイルほど簡単ではありません。
ライトキャプチャーにはキャプチャ機能しかありません。編集ができないのです。
有料ソフトですが、この手のソフトお金を出した方が良いかもしれませんね。
wondershaer
費用も合計
10,000円
でした。10本より少ない場合は、業者に出した方が安いですね。

もしデータをする時間がない場合、面倒の場合は、当店で承っていますのお問合せください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です